原診療所,健康診断
帯状疱疹

50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種ができます。

50歳以上の方は帯状疱疹を予防する目的でワクチンを接種することができます。

帯状疱疹の発症率は50歳代から急激に高くなりますので、まずは当院へご相談ください。

診療時間

午前:   8:30~12:00

 (受付時間 11:45まで)

午後: 15:00~18:00

 (受付時間 17:30まで)

休診日:水曜・土曜日午後

​    日曜・祝日

検査のご予約
ご相談は
0470-33-4065
まで
お問い合わせ下さい

帯状疱疹って、どんな症状なの? 

帯状疱疹は、水ぶくれを伴う赤い発疹が、主に体の左右どちらかに帯状に出ます。

初期症状は皮膚の痛みやかゆみが起こります。

痛みは、皮膚の違和感やかゆみ、しびれとして感じる程度から、

ピリピリ、ズキズキ、チクチク、針で刺されたような痛みや、

焼けるような痛みまで様々です。

その後、水ぶくれを伴う赤い発疹が帯状に現れ、徐々に痛みが

強くなり、眠れないほど痛むこともあり、

症状は3~4週間ほど続きます。

■なぜ帯状疱疹になるの 

帯状疱疹の原因は「水痘・帯状疱疹ウイルス」です。

日本の成人の9割以上が、すでにこのウイルスに感染したことがあり、

体内にウイルスを持っています。

そのため、ほとんどの人が帯状疱疹になる可能性があります。

帯状疱疹になるのは 

帯状疱疹患者の約7割が50歳以上です。

日本人の成人の90%以上は、帯状疱疹の原因となるウイルスが

体内に潜伏しており、加齢などによる免疫力低下が原因で、

80歳までに約3人に1人が帯状疱疹なるといわれています。

帯状疱疹にならないためには 

帯状疱疹を予防するワクチンがあり、50歳以上の方は予防接種ができます。

日頃から体調管理を心がけ、免疫力が低下しないようにすることが大切です。

免疫力低下は、加齢、疲労、ストレスなど誰にでもごく日常的になことによっておこります。

まだまだ元気だと思っていても、ある日突然、帯状疱疹になるかもしれません。

 

帯状疱疹の予防接種については、当院にご相談ください。